ダイトエレクが12年12月期業績見込みを下方修正、在庫品の評価損追加計上などで

 ダイトエレクトロン<7609.T>がこの日の取引終了後、集計中の12年12月期の決算について、従来予想の売上高360億円、営業利益3億9000万円から、純利益2億6000万円を利益面で下回り、売上高360億6700万円(前の期比11.1%減)、営業利益3億4500万円(同62.3%減)、純利益1億8200万円(同72.1%減)になりそうだとの下方修正を発表した。一部の在庫品について評価損を追加計上したことや、一部の繰延税金資産について計上を見送ることにしたことが要因としている。

ダイトエレクの株価(大引け)は376円(▼3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)