<前場の注目銘柄>=インフォコム、ビッグデータ領域に展開

 インフォコム<4348.OS>が昨年来高値更新トレンドにあり、ここは追撃買いだ。同社は情報システム構築を手掛け、出自は旧日商岩井と帝人のシステム開発会社(合併)で、現在帝人が過半の株式を保有している。コンテンツ配信はスマートフォン向けが伸びており、電子書籍もスマホ向けの対応が進み需要回復を果たしている。またゲームではディーエヌエーとの提携も同社の株高期待につながる。

 業績は13年3月期営業利益が前期比微減の33億円を予想しているが、16年度に同50億円の中期経営計画を策定している点はポイントとなる。PER8倍台と割安なほか、ビッグデータ領域での事業展開にも前向きで、材料性にも富む。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)