川崎汽船が底堅い、損益急改善観測を好感

 川崎汽船<9107.T>が底堅い。30日付の日本経済新聞が「4~12月期の連結最終損益は80億円程度の黒字になったもよう」と報じたことが好感された。前年同期の421億円の赤字から急回復することになり、今3月期通期の会社予想20億円も大きく上回る。ただ、スタンダード・アンド・プアーズが収益環境が悪化しているため、業績回復には時間がかかるとして、川崎汽船の長期会社格付けを「BB」から「BBマイナス」に1段階引き下げたことも報じている。

川崎汽の株価は9時55分現在161円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)