小林製薬は反発、13年3月期下方修正も配当増額を好感

 小林製薬<4967.T>が3日ぶり小反発、同社は29日、13年3月期連結業績予想の修正を発表、売上高は1220億円(前期比7%減)と従来予想から100億円の減額、営業利益は168億円(同13%減)と同32億円の減額修正となった。個人消費の低迷や主力ブランドの苦戦が響いている。夏場に天候不順がみられた影響で、期待商品の額用冷却シートや冷却ジェルマットなどの猛暑対策製品の売り上げが不振だったことも足を引っ張ったもよう。ただ、好材料として、同社は配当政策に基づき、期末の配当予想について従来予想の39円から43円に4円増額していることから、押し目買いを誘った形だ。

小林薬の株価は10時00分現在4320円(△25円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)