日電硝が小幅続伸、韓国で液晶パネル用ガラス基板生産を拡大報道

 日本電気硝子<5214.T>が小幅続伸。30日付の日本経済新聞が「韓国で液晶パネル用ガラス基板の工場を増設し、納品先のLGディスプレーとのパイプを太くする」と報じたことが材料視されている。7月の完成を目指し工場を建設中で総投資額は計画のほぼ倍にあたる700億円程度になると伝えており、大幅増産による売り上げ拡大が期待される。前日取引終了後に発表した4~12月決算は営業60%強の大幅減益で着地、今3月期通期は215億~265億円予想したが、業績悪化は事前のアナリストレポートなどで織り込み済み。むしろ、会社計画は保守的との見方が広がっている。

日電硝の株価は10時59分現在446円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)