四国化が4日続伸で連日の昨年来高値更新、野村が目標株価を引き上げ

 四国化成工業<4099.T>が4日続伸で連日の昨年来高値更新となった。野村証券が29日付で投資判断「買い」を継続しつつ、目標株価を600円から770円に引き上げたことが観測されている。為替前提変更を踏まえて、化学品中心に業績予想を上方修正したことが要因としている。第3四半期時点の通期計画に対する進捗は売上高・利益とも8割弱と順調に推移しており、円安も追い風。主力製品は足もとでも堅調に推移しており、来期に向けて、化学品では車載やモバイル機器向けで当社薬品の新規採用増が、また、建材では、震災後の復興需要増などで堅調な受注環境を予想し、来期は過去最高益更新を見込むとしている。

四国化の株価は10時54分現在592円(△24円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)