大成建、大林組など大手ゼネコンが買われる、公共事業増額の13年度予算案決定で

大成建設<1801.T>、大林組<1802.T>、鹿島<1812.T>など、大手ゼネコンが買われる。11時18分現在の東証業種別値上がり率で建設がトップになっている。昨日の臨時閣議で2013年度予算案が決定され、景気テコ入れ、脱デフレを目的に公共事業費を7000億円増額して5兆2853億円とするなど、同規模の12年度補正予算とあわせて公共事業の拡大が柱となっており、大手ゼネコンの受注拡大思惑が再燃した格好だ。

大成建の株価は11時18分現在273円(△8円)
大林組の株価は11時18分現在468円(△15円)
鹿島の株価は11時18分現在273円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)