飛島など低位建設株が買われる、公共事業拡大の13年度予算案決定で低位株人気が波及

飛島建設<1805.T>、熊谷組<1861.T>、三井住友建設<1821.T>など株価低位の建設株が人気になっている。昨日の臨時閣議で2013年度予算案が決定。景気テコ入れ、脱デフレを目的に公共事業費を7000億円増額して5兆2853億円とするなど、同規模の12年度補正予算、復興関連事業と合わせて公共事業の拡大が見込まれている。建設各社の受注拡大思惑が再燃した格好で、目先の値上がり効率に着目した短期資金が流入している。

飛島の株価は13時10分現在117円(△13円)
熊谷組の株価は13時10分現在120円(△9円)
三住建設の株価は13時10分現在97円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)