酒井重が急伸、公共投資増額を刺激材料に300円回復

 酒井重工業<6358.T>が大幅高で300円台を回復している。政府は29日の臨時閣議で13年度の予算案を決定、公共事業を増額するなど大型の財政出動に踏み切る方針を打ち出しており、これを背景に国内シェア7割を誇るロードローラー最大手の同社にも買いの手が振られている。13年3月期通期見通しは売上高が前期比6%増の193億円、経常利益が同39%増の7億円を見込むが、国内の復興需要や東南アジアやアフリカといった新興国のインフラ需要をバネに増額含みとみられる。かつて短気急騰した実績も持ち、短期資金のターゲットとなりやすい。昨年3月から5月にかけて大商いで株価を倍化させたことは記憶に新しい。

酒井重の株価は13時03分現在304円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)