オリコが反発、出来高流動性の高さに注目

 オリエントコーポレーション<8585.T>が反発、利益確定売り一巡から戻り足をみせている。金融緩和期待の継続は同社を含めノンバンク株にとって心強い追い風材料だ。同社株は昨年12月下旬の170円近辺から急速に人気化し、時価は調整を入れたものの初動時と比べて依然として2倍以上の水準にあり、大勢上昇トレンドは崩れていない。株式需給面でも今年から信用取引規制の緩和が行われ、個人投資家などが反対売買をすれば同一の証拠金で1日に何度でも取引可能になったことが大きく、同銘柄はデイトレード資金による格好の物色対象だ。出来高流動性の高さが人気化素地を裏付けている。

オリコの株価は13時43分現在354円(△16円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)