アドバンテストが13年3月期営業益25億円見通しに減額

 アドバンテスト<6857.T>は13年3月期通期の連結業績の修正を発表、売上高は1320億円見通しと前回予想の1400~1600億円から80億~280億円の減額となった。また営業利益は25億円と前回予想の60~160億円から35億~135億円の減額となっている。1~3月期に需要増加を見込んでいたスマートフォン向けで、昨年末に顧客の一部に生産調整の動きが出たことで、納入がずれ込む見通しとなったことが影響した。なお、同日発表した4~12月期の売上高は971億8600万円(前年同期比2%増)、営業損益は8億2400万円の黒字(前年同期は53億2300万円の赤字)だった。スマホ向け検査装置は好調だったが、DRAMなどメモリー向け検査装置が低迷した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)