トーメンエレクが13年3月期業績を下方修正と配当予定の引き下げ発表 半導体部品需要の低下で24%経常減益へ

トーメンエレクトロニクス<7558.T>が30日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前期予想の1600億円から1528億円(前期比10.4%増)に、経常利益は52億円から31億4000万円(同24.7%減)に減額し、24.6経常増益から一転、2割強の減益になる見通しだ。デジタルコンシューマー向け半導体部品の需要低下や中国向け需要の減少、販売単価の下落が要因。また、3月期末の配当予定を前回予想の25円から20円に引き下げて年40円(前期は年40円)とした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)