中外製が続伸、抗がん剤や抗インフルエンザウイルス剤伸び前期は営業22%増益

 中外製薬<4519.T>が続伸。30日取引終了後に発表した前12年12月期決算の連結営業利益が前の期比22.4%増の764億1300万円と大幅増益になったことが好感されている。抗がん剤が2ケタの伸びになり、抗インフルエンザウイルス剤「タミフル」も大幅に増加、円高による減収要因を吸収して海外販売も伸びた。今12月期は営業利益775億円と小幅ながら増益を見込み、年間配当予定を前期の40円から5円引き上げ45円とした。

中外製の株価は9時11分現在1821円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)