スタートトゥが3日ぶり大幅反発、13年3月期業績の下方修正も悪材料出尽くし感で買い先行

スタートトゥデイ<3092.T>が3日ぶりに大幅反発。30日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の417億円から338億円(前期比6.3%増)に、経常利益は104億5000万円から78億円(同2.4%増)に減額し、37.2%経常増益から大きく増益幅が縮小する見通しとした。衣料品専門ネット通販「ZOZOTOWN」を通じた商品取扱高が計画を下回ることが要因だ。大手の他サイトとの競争激化で、既存会員の購入回数減や新規会員の獲得が期初計画を下回っている。だが、株価はこの数値が想定の範囲内で、ある程度織り込んでいたことから、悪材料がいったん出尽くしたと見た向きの買いが先行している。

スタートゥの株価は10時12分現在817円(△87円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)