M&Aが新高値、期末配当の増額を好感、第3四半期決算好調で

 日本M&Aセンター<2127.T>が続伸し昨年来高値を更新。30日の取引終了後、従来25円を計画していた期末配当を30円とし、年間配当を55円とすると発表したことを好感。同時に第3四半期連結決算を発表しており、売上高53億8400万円(前年同期比22.6%増)、経常利益27億4400万円(同31.7%増)と大幅増収増益を達成したことが配当引き上げの要因としている。上期に引き続き案件成約状況が好調に推移したことから、成約件数が158件(同142件)と増加したことから業績を伸ばした。
 なお、13年3月期通期は売上高65億円(前期比8.2%増)、経常利益30億円(同5.8%増)の従来予想を据え置いている。

M&Aの株価は10時03分現在3250円(△80円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)