オムロンが反発、4~12月期最終利益8割増、大幅増配も好感

 オムロン<6645.OS>が反発、一時122円高の2260円まで買われ昨年来高値を更新した。同社が30日発表した12年4~12月期決算では最終利益が206億8400万円と前年同期比で8割近い伸びを示しており、これが好感された。中国経済のソフトランディング観測が強まる中で、同社の制御機器需要の先行きに明るさが出てきている。また、13年3月期の年間配当を記念配を合わせて37円予想と前期比9円の増配に踏み切っていることも買い意欲を誘っている。

オムロンの株価は10時14分現在2170円(△32円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)