日証金が続伸、大証金との統合を発表で

 日本証券金融<8511.T>が続伸し昨年来高値を更新。30日引け後に、大証金<8512.OS>と7月22日付で合併すると発表したことを材料視。今年1月1日付で日本取引所グループ<8697.T>が誕生し、また、7月には東京証券取引所と大阪証券取引所が現物株市場を統合する予定であることから、証券金融も再編が必要になったとの判断から。既に昨年10月には両社は統合に向けた協議を進めると発表していたが、日程を発表したことで改めて注目されているようだ。なお、合併比率は、日証金を存続会社として、大証金1株に対して日証金株を0.39株割り当てるとしている。前日の日証金の終値(607円)から算出した大証金の株価は236円程度となるため、この日の大証金は大幅反落となっている。

日証金の株価は10時23分現在619円(△12円)。
大証金の株価は10時23分現在240円(▼50円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)