コミュニティーが反発、中堅マンション管理会社を買収すると発表

 東急コミュニティー<4711.T>が反発し昨年来高値更新。30日引け後に、中堅マンション管理会社のユナイテッドコミュニティーズ(東京都品川区)を買収すると発表したことを材料視。買収金額は約360億円で、自己資金と金融機関からの借り入れで調達するとしている。今回の買収で、マンション管理戸数で大京グループを抜き国内1位に躍り出ることになり、今後の業績拡大につながるとの期待が高まっている。
 なお、同社は同時に第3四半期累計(4~12月)連結決算も発表しており、売上高893億1900万円(前年同期比3.1%増)、経常利益66億800万円(同15.3%増)と2ケタ増益を達成した。なお、13年3月期通期は売上高1221億円(前期比2.7%増)、経常利益86億円(同5.4%増)を据え置いている。

コミュニティーの株価は10時44分現在3525円(△105円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)