任天堂が大幅安、4~12月営業赤字幅縮小も通期売り上げ予想を大幅引き下げ

 任天堂<7974.OS>が大幅安、前日比450円安の8900円で寄り付き、その後もきょうの安値圏で推移している。30日取引終了後に発表した4~12月決算は連結営業損益が前年同期の164億800万円の赤字から58億5700万円の赤字へ縮小したものの、今3月期通期の売上高を前回予想の8100億円から6700億円へ、営業損益も200億円の黒字から200億円の赤字に修正したことが嫌気された。外国為替市場で円安が進んでいることから、経常利益は100億円から200億円、最終利益60億円を140億円に増額したが、「Wii U」が低調で売り上げ予想を大幅に引き下げており、先行き業績懸念が強まっている。

任天堂の株価は10時39分現在8920円(▼430円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)