Dガレージが反発、自民党のネット選挙解禁方針を材料視

 デジタルガレージ<4819.OS>が反発。きょう付の日本経済新聞で、自民党が夏の参院選から、ツイッターやフェイスブックなどの交流サイト(SNS)を使った選挙運動を解禁する方針だと報じられたことを材料視。同社は、米ツイッターに出資していることから、ツイッターを利用する候補者が増えることに伴う事業機会の増加への思惑が働いているようだ。

Dガレージの株価は11時10分現在21万2800円(△5800円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)