ユニチャームが後場一段高、第3四半期好決算と自社株買いを評価

 ユニ・チャーム<8113.T>が後場一段高。前引け後に第3四半期累計(4~12月)連結決算と自社株買いを発表したことを好感。第3四半期決算は、乳幼児用紙おむつなどの販売がアジアを中心に堅調だったことから売上高3644億8200万円(前年同期比15.4%増)、経常利益458億2400万円(同24.3%増)と2ケタの増収増益を達成。13年3月期通期は売上高4900億円(前期比14.4%増)、経常利益510億円(同5.5%増)を据え置いたが、経常利益の第3四半期時点の進捗率が90%に達しており、上ブレ期待も高まっている。
 また、併せて発表された自社株買いは240万株(発行済み株式数の1.16%)、110億円を上限とし、取得期間は2月1日から3月22日までとしている。

ユニチャムの株価は13時03分現在4830円(△65円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)