マキタが後場買われる、13年3月期通期業績を上方修正

 マキタ<6586.T>が後場買われている。一時、前日比135円高の4470円まで買い進まれ連日の高値更新。同社が31日午後、13年3月期の連結業績見通しの上方修正を明らかにしたことが好感されている。売上高を従来予想の2880億円から3030億円(前期比2.5%増)へ、営業利益415億円を446億円(同8.1%減)へ、純利益274億円を309億円(同4.9%減)へとそれぞれ増額した。
 第4四半期(1~3月)は、経営環境は依然厳しいと予想するものの、第3四半期までの業績が、同社の想定を上回るとともに、為替レートがユーロやドルに対して円安傾向で推移していることから、上方修正に踏み切った。
 なお、中間決算発表時に公表していた今期通期の想定為替レートについて、1ドル=78円、1ユーロ=99円から、今回1ドル=81円、1ユーロ=105円へとそれぞれ修正した。

マキタの株価は14時21分現在4415円(△80円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)