JTの4~12月期最終利益13.7%増

 日本たばこ産業<2914.T>は、31日、12年4~12月期連結決算(IFRS)を発表、売上高は前年同期比4%増の1兆6083億9900万円、最終利益は同13.7%増の2637億100万円だった。国内たばこ事業が、前期に東日本大震災の影響で供給減となった反動から回復したほか、値上げ効果も利益に反映された。なお、13年3月期通期の見通しは売上高が前期比4.1%増の2兆1180億円、最終利益が同2.8%増の3300億円となる見通し。また、期末配当予想を35円と前回予想の30円に5円上積みした。年間では65円配当となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)