FCMが業績下方修正と減配を発表、スマートフォン需要などが伸び悩む

 FCM<5758.OS>は31日、2013年3月期純損益を2億8100万円の赤字(従来予想は7000万円の黒字)に下方修正した。前期は1億1300万円の黒字だった。
 金属メッキ加工などを手掛ける電子機能材事業が、パワーエレクトロニクス関連部部品の在庫調整や一部スマートフォンの生産調整のなどの影響もあり収益が悪化した。また、大阪鍍金工業厚生年金基金の解散に伴う損失なども計上した。
 同社は同時に13年3月期の年間配当を従来予想の12円から2円減の10円とすることも明らかにした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)