大王製紙が4日続伸、子会社再編でコスト圧縮急ぐ

 大王製紙<3880.T>が4日続伸。1日付の日本経済新聞が「74ある子会社を2割減らし、コスト圧縮を急ぐ」と報じたことが好感されている。4月1日付で段ボール箱製造など3分野の子会社を合併、2014年度以降は年間数十億円のコスト削減効果を見込むと伝えており、収益改善が速まるとの見方が広がった。前日取引終了後にベトナムの製紙会社への投資の減損処理による特別損失を計上することで、今3月期の連結純利益を前回予想の195億円から145億円に下方修正したが、特にネガティブ視されなかった。

大王製紙の株価は10時18分現在639円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)