<前場の注目銘柄>=大王製紙、決算発表へ戻り足加速

 大王製紙<3880.T>が下げ渋りから出直りの動きを強めてきた。東京証券取引所から再提出を求められていた改善状況報告書を提出したことをきっかけに見直し買いを集めており、25日現在の信用倍率0.59倍、30日申し込み現在の貸借倍率も0.44倍と売り長、貸株超過になっていることから買い戻しを誘発している。

 関連会社株の買い取りで子会社が増えており、連結子会社への改善措置の実施、運用状況を追加した報告書を提出、経営再建策が順調に進んでいるとの見方が広がった。連結子会社の貢献で好業績観測が報じられるなど、来月12日に予定している4~12月期決算発表に向け、戻り足を加速すると予想される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)