<動意株・1日>(前引け)=テラ、タダノ、トリドール

 テラ<2191.OS>=急騰。同社は樹状細胞ワクチン療法を主力とする大学発のバイオベンチャーだが、1月31日、12年12月期の連結決算で営業利益が2億2100万円と前の期と比較して約3倍に拡大したもようと発表した。従来予想1億8000万円から上回っており、これを受けて、短期資金の再攻勢が一気に強まった。

 タダノ<6395.T>=大幅高で新値追い。1月31日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の1320億円(前期比15.6%増)を据え置いたが、経常利益は75億円から100億円(同73.1%増)に上方修正し、29.8%経常増益から7割超の経常増益見通しとしたことが好感されている。国内外とも建設用クレーンが伸長している。

 トリドール<3397.T>=急落。1月31日大引け後に今3月期の第3四半期決算を発表、連結営業利益で前年同期比1.8%減の52億400万円となり、第3四半期までの進捗率(65.1%)から通期予想である80億4000万円(前期比19.2%増)の達成懸念が高まっている。セルフうどん業態の丸亀製麺は好調ながら焼き鳥のとりどーるやラーメンの丸醤屋は伸び悩んでいる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)