<後場の注目銘柄>=フジテック、低コスト化などで利益向上

 フジテック<6406.T>の株価は1月7日に660円の昨年来高値更新後に若干の調整ながら、好実態から時価のPBR1倍割れは引き続き妙味がありそうだ。

 エレベーターやエスカレーターの専業大手で欧米やアジアにも拠点を有し国内外で同社製品への引き合いが活発化している。

 第3四半期決算は2月8日に発表予定。低コスト・短工期で既設エレベーターの快適性・安全性を高める「制御盤交換パッケージ」の受注などが国内で拡大している。レアアースなど原材料価格低下による利益率改善効果からも今3月期通期の連結営業利益75億円(前期比39.8%増)の大幅増益予想は達成に向けて大きなブレはなさそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)