バイオ関連が反発、追い証一巡でリバウンド狙いの買い入る

 DNAチップ研究所<2397.T>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707.OS>、ナノキャリア<4571.T>などバイオ関連株が切り返している。昨年来、株価の居所を大きく変えたバイオベンチャー株も1月29日以降は軒並み急反落の展開となった。一部個人投資家に追い証の発生も観測され、下げも一方通行となったが、「目先売り一巡感から追い証も収まり、それを見計らって先駆して利を入れた筋から突っ込みリバウンド狙いの買いが入っている」(市場関係者)という。需給相場の様相が強いだけに参戦は目ざとい短期筋に限られているようだ。

DNAチップの株価は13時41分現在13万8900円(△1万600円)。
PSSの株価は13時41分現在11万2900円(△6400円)。
ナノキャリアの株価は13時41分現在28万8700円(△9000円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)