日東電工が急反発、勝ち組部品株として機関投資家が熱視線

 日東電工<6988.T>が急反発。上値追い加速局面にある。5000円大台を回復した後も継続的に買い資金が流入。スマートフォンやタブレット端末向けにタッチパネル用フィルムの売り上げが業績を牽引している。同社の場合はタブレット端末向けの比重が高いとみられており、市場関係者の間では一段と伸びが続くタブレット向けでの優位性が評価されているという指摘が強い。電子部品各社の業績も勝ち組と負け組にハッキリと色分けされている状況で、同社は勝ち組に位置する電子部品株として機関投資家の視線が集まっている。

日東電工の株価は15時00分現在5390円(△230円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)