もうはまだなり・・・・

雇用統計後に上昇一服か?
 今夜は米・1月雇用統計の発表があります。非農業部門雇用者数の予想は16.5万人増と市場では見ている様です。
 
 もし、この数字が上ブレた場合には、ドル円は92円台後半まで一時的に急騰する可能性が高いと思います。しかし、一旦は材料出尽くし感が強まり、週末の利食い売りが入り始めて、92円割れレベル程度までは押し戻されるかもしれません。そして、来週、もう一度仕切り直しと云う事になるでしょう。

 一方、予想よりも弱い数字となれば、91円台半ば程度まで一時的に急落する可能性がありますが、そこは押し目買いのチャンスとなり、その後、再び92円台を目指す動きとなる様に思います。

 現在の相場は、ドル円、ユーロ円ともに約2年ぶりの高値を更新中です。この様な時には、上がり始めたら、「バスに乗り遅れるな」的に買いで付いて行く外はありません。そして、買って上昇したら、直ぐに利食い売りを行う等、機動的なディールを心掛けて置けば、リスクも抑える事が出来ます。