エノモトの2013年3月期業績は赤字に、テレビやスマートフォン需要が低迷

 エノモト<6928.OS>は1日、業績の減額修正を発表した。2013年3月期の連結売上高を181億円から165億円(前期比5.9%減)に下方修正し、連結純損益も従来見通しの6000万円の黒字から5億7000万円の赤字(前期は6500万円の黒字)に見直した。同社はLED用や半導体向けリードフレームなどを手掛けているが、テレビやパソコン市場の低迷に加え、スマートフォンやタブレット端末の需要が減少したことが響いた。同時に今期配当も無配(従来予想3円)とすることを明らかにした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)