アサヒHDが13年3月期業績予想を上方修正、金属の平均販売単価が想定上回る

 アサヒホールディングス<5857.T>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績予想を従来予想の売上高960億円はそのままに、経常利益を51億円から77億円(前期比30.8%減)に上方修正した。貴金属リサイクル事業における金属回収量は引き続き厳しい状況にあるが、金属の平均販売単価が想定を上回っていることが要因としている。
 また、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算は、売上高722億300万円(前年同期比36.2%減)、経常利益50億8700万円(同36.8%減)となった。貴金属リサイクル事業の苦戦が全体の収益を押し下げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)