バイオ研究振興で恩恵受ける【4507】塩野義製薬

塩野義製薬【4507】に投資先企業の業績寄与+提携先バイオ企業の進展期待
抗生物質で国内首位。販売力に定評。投資先企業の業績寄与にも期待

バイオ人気で医薬品株全般に物色が広がる中、同社は100株で16万円台で買える比較的地味な株価展開。2012年3月一株純利益130円で年配当40円の実績だが、中国など買収先の医薬品会社からの収益が寄与。増収増益が見込まれることから、今後、増配の余地もありそうだ。さらに、株価先行のマザーズ・バイオ関連アンジェス(4563)では塩野義製薬は大株主。そのほか、オンコセラピー(4564)とは業務提携している。今後、こうした関係会社が成果を上げるにつけ、塩野義製薬の業績等には弾みがつこう。投資ストラテジーのイメージを描くと過去の滞留価格帯1600円台が長かったので、この水準でしばしもたつく可能性。その1600円前半を一つの買い場と見立て、中期2000円台奪還を期待したい。