トヨタなど自動車株が続伸、為替の円安進行と米国景気回復期待で

 トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>など自動車株が買われている。為替市場で一段と円安が進行、足もとは1ドル=92円台後半で推移していることから円安による輸出採算の改善を期待する買いが優勢だ。トヨタは1円の円安・ドル高で約350億円の営業利益増加が見込まれるほか、ホンダも同じ条件で160億円の営業利益押し上げ効果が試算されている。また、ここ米国景気の回復期待が鮮明化しつつある中、需要面から自動車販売拡大の思惑も買い方の食指を動かす。

トヨタの株価は9時17分現在4570円(△75円)。
ホンダの株価は9時17分現在3565円(△50円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)