GNI(2160)、買い一巡後は伸び悩む、すでにダブルトップを形成か

144円を割り込むと、100円付近の窓を目指す可能性
買い一巡後は伸び悩む。ローソク足では上ひげが出現しており、上値の重さを示唆している。どうやら180円近辺に壁が存在しているようであり、これはテクニカルの壁とファンダメンタルズの壁の複合形の可能性が高い。チャートではすでにダブルトップを形成したということであり、目先は100円付近の窓に向けて動くと思われる。いわゆる「お里帰り」というわけである。144円の節目を割り込むと、その動きが本格化するので十分に注意をしたい。