株価をにらみながら

株価をにらみながら
前週1日に発表された米1月雇用統計は予想より弱い内容であったが、昨年11月と12月の非農業部門雇用者数が上方修正された事や、その後に発表された米経済指標がいずれも予想を上回った事を好感してNYダウ平均株価が14000ドルの大台を突破すると、ドル/円は93円目前まで上昇した。

この流れを引き継いで本日のアジア市場で株高となるようだと、クロス円(ユーロ/円や豪ドル/円など)の上昇に連れてドル/円が値を上げる可能性がある。

93円台前半から半ばにかけて、テクニカル分析上の主だった目標値が見当たらないことから、先週1日に突破できなかった93円に乗せられれば、93.50円といったきりの良いところが次の上値目処となりそうだ。

本日は海外市場でも主だった経済指標の発表が予定されておらず、史上最高値更新目前となったNYダウ平均株価の動向にも注目したい。