パナソニックが大活況、業績改善方向の確認で急騰

 パナソニック<6752.T>が大商いで急騰、一時89円高まで買われるなど出遅れ修正の買いが一気に勢いを増してきた。同社が前週末1日、12年4~12月期の連結決算を発表、最終損益は6238億3000万円の赤字と前年同期の3338億円の赤字から赤字幅が拡大したが、これは09年に買収した三洋電機の資産価値を見直すなどで赤字を計上したことによるもの、すでに株価は織り込み済み。一方で、営業損益は1219億5300万円の黒字で前年同期比3倍強の伸びを示した。固定費削減努力に加えて、足もと薄型テレビやデジタルカメラ部門などが黒字化していることに注目。13年3月期通期見通しについては従来予想を据え置いているが、ここ急速に進む円安なども背景に増額修正期待が株価を後押ししている。

パナソニックの株価は10時11分現在669円(△77円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)