<前場の注目銘柄>=昭電線HD、来期の増益転換に期待

 昭和電線ホールディングス<5805.T>の13年3月期の連結営業利益は、国内電力向けの需要低迷による電力システム事業の不振から17億円(前期比12.6%減)の減益見通しだが、これは既に織り込み済み。来期の14年3月期は、引き続き首都圏の再開発物件を中心に建設・電販向けの電線線材需要が堅調に推移すると見られ、12年3月期に増産投資した建築用免震装置の受注も拡大する見通しで、増益転換が期待できそうだ。

 株価は昨年11月12日に54円安値をつけて以降、順調に下値を切り上げたあと、70~80円台でのジリ高歩調となっている。85円を超えると上昇加速の可能性も。PBRは依然として0.7倍台と割安水準にある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)