兼松日産が3日ぶり大幅反発、13年3月期経常利益の上方修正を好感

 兼松日産農林<7961.T>が3日ぶりに大幅反発。株価は前週末比20円高の179円まで買われている。1日引け後に13年3月期連結経常利益見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の106億円(前期比2.7%減)を据え置いたが、経常利益は3億5000万円から5億5000万円(同30.6%増)に増額し、16.9%経常減益から一転、3割の経常増益見通しとした。新設住宅着工の増加を背景に地盤改良事業、防腐・防蟻など木材加工事業の堅調や、防犯カメラなどセキュリティ機器事業の好調が要因。

兼松日産の株価は11時15分現在173円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)