JVCケンウッドが続落、業績下方修正と増配とりやめも嫌気

 JVCケンウッド<6632.T>が6日続落、前週末の大幅安に続き足もとの下げがきつくなっている。同社は前週末1日に13年3月期連結業績予想の修正を発表、純利益が30億円(前期比50%減)と従来予想から40億円の下方修正となったことでこれを嫌気する売りがかさんでいる。年間配当も従来予想の10円から前期と同じ5円に減額し、これも売りを助長した形だ。同社は海外生産比率が90%以上に達するなど高く、ここ最近加速する為替市場での円安が営業減益要因となることが弱みとなっている。

JVCケンウッドの株価は11時30分現在272円(▼11円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)