NTTデータが大幅反落、第3四半期累計経常利益5%減を嫌気

 NTTデータ<9613.T>が大幅反落。前週末1日引け後に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算で、売上高9118億5000万円(前年同期比2.6%増)、経常利益447億9300万円(同5.1%減)と減益に終わったことが嫌気されているようだ。連結子会社の拡大で売上高は増加したものの、前期に完成した好採算の金融向け大規模ソフトウエア開発案件がなくなった影響が大きかった。
 13年3月期通期は、売上高1兆2800億円(前期比2.3%増)、経常利益780億円(同3.2%増)を見込んでいるが、第3四半期までの経常利益の進捗率は57%に過ぎず、業績予想未達懸念も生じているようだ。

NTTデータの株価は12時32分現在26万8200円(▼1万6900円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)