アステラス製薬は利食い売りで反落、今期業績には増額期待も

 アステラス製薬<4503.T>は反落。朝方は一時、前週末比50円高の4750円まで買われたが、その後、利食い売りに押され値を消している。同社は1日に2012年4~12月期決算を発表。同期の連結経常利益は前期比9%減の1364億円となった。高脂血症治療薬「リピトール」や前立腺肥大症治療薬「ハルナール」などが後発品の影響などで売り上げが減少した。ただ、過活動ぼうこう治療剤「ベシケア」などは好調。2013年3月期の連結経常利益は前期比10%増の1490億円が見込まれている。すでに、進ちょく率は90%を超えていることから、一部アナリストからは今期連結経常利益は1520億円(前期比約13%増)と増額修正予想も出ている。また、取得上限株数600万株(株式総数の1.31%に相当)の自己株式の取得を発表していることも評価されている。
 
アステラス製薬の株価は13時02分現在4685円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)