<後場の注目銘柄>=ワコム、韓国サムスン向け好調

 ワコム<6727.T>は、13年3月期の業績見通しを上方修正し、連結営業利益を66億円から78億円(前期比91.8%増)とした。

 電子ペンが採用された韓国サムスン電子のギャラクシーノート、ギャラクシーノート2の販売が好調に推移しているのに加え、タブレット市場の拡大や円安効果も寄与している。

 2月1日以降の想定為替レートを1ドル=85円(従来75円)、1ユーロ=110円(同100円)へと変更。また、今期の年間配当計画も3500円から4000円に引き上げた。

 今後は、ウインドウズ8向けの拡大で、新中期経営計画の数値目標(16年3月期に売上高1200億円、営業利益191億円)は現実のものとなりそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)