史上最高値を窺うNYダウ睨みか

史上最高値を窺うNYダウ睨みか
本日のドル/円は、手掛かり材料に乏しく株価睨みの展開となりそうだ。

特に、史上最高値の更新も視野に入れているNYダウ平均の動向が注目されよう。

米1月雇用統計が緩やかな景気回復を示した事から、FRBは超金融緩和の巻き戻しを急がないとの見方が強まり、1日のNYダウ平均は2007年10月に付けた14198.10ドルの史上最高値に迫る14000ドル台に上伸した。

本日も一段の上昇が続けば円売りが活発化してドル/円を93円台に押し上げる可能性がある。

もっとも、ドル/円の93円台は目前にボリンシャーバンド2シグマ上限(MA=20日、執筆時点:92.92円)が位置しており、テクニカル分析上は一旦上値が重くなる可能性が高い水準でもある。

NYダウ平均が利益確定の売りなどに押されて弱含むようだと、ドル/円にも利益確定の売りが入る事になるだろう。