今夜から明日昼にかけての注目材料は?

今夜から明日昼にかけての注目材料は?
東京市場のドル/円相場は92円台後半でのもみ合いとなりました。

落ち着いた推移を続けていますが、この後、大きな動きは出てくるのか予定されている経済イベントを確認しつつ考えてみましょう。

2/4(月)
18:30☆(英) 1月PMI建設業
19:00  (ユーロ圏) 12月生産者物価指数
24:00  (米) 12月製造業受注指数

2/5(火)
09:30☆(豪) 12月貿易収支
09:30  (豪) 第4四半期住宅価格指数
10:45☆(中国) HSBCサービス業PMI
12:30☆(豪) RBAキャッシュターゲット
※☆は特に注目の材料

今夜については材料難と言わざるを得ません。

ドル/円相場は主要国株の値動きや、米長期金利の動向次第の、あまり主体性のない動きになりそうです。

他のクロス円やストレートドルについても同様に材料不足です。

やはり株価睨みの展開となるでしょう。よほど株価が大きく動かない限り、値幅は限られそうです。

ただ、豪ドルについては、明日朝から複数の指標発表やキャッシュターゲットの発表などがあり、明朝からの動きが注目されます。