あす(5日)の為替相場見通し=92ドル台後半でのもみ合いか

 あすの東京外国為替市場は、1ドル=92円台後半でのもみ合いの展開か。予想レンジは1ドル=92円00銭~93円00銭、1ユーロ=125円50~127円50銭。4日の円相場は朝方、一時92円90銭台への円安が進んだ後は、92円60~70銭台での一進一退となった。国内からの材料には欠ける展開となるなか、欧米などの海外景気指標に一喜一憂する状況となりつつある。
 特に、欧州債務問題への不安感が後退し、ユーロが上昇基調にあることは注目点。7日には欧州中央銀行(ECB)理事会が予定されており、その場でのドラギ総裁の発言などが注目されそうだ。また、EU首脳会議も7日から8日にかけ実施される。このなか、今週前半はやや様子見姿勢が強まる可能性もある。あすは午前10時45分に発表される中国1月HSBCサービス業PMIなどが注目されそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)