クルーズが13年3月期売上高見通しを上方修正、「アヴァロンの騎士」など好調

 クルーズ<2138.OS>がこの日の取引終了後、13年3月期の業績見通しを従来予想の売上高110億円から、135億円(前期比51.1%増)に上方修正した。3月にリリースした「神魔×継承!ラグナブレイク」が、10月に放映されたテレビCM効果もあって引き続き好調に推移しているほか、10月にリリースした「アヴァロンの騎士」が想定を上回って推移しているという。また、インターネットコマース事業についても、ネット通販サイトが大幅に売り上げを伸ばしており、これらが寄与するため売上高予想を増額したとしている。利益面については、第4四半期に予定されている大規模プロモーションを踏まえて現時点では据え置き、経常利益20億円(前期比2.3%増)を見込んでいる。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)決算は、売上高90億9700万円(前年同期比37.5%増)、経常利益12億5300万円(同24.7%減)となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)