東洋鋼鈑は第3四半期30%営業減益で今3月期通期予想を下方修正

 東洋鋼鈑<5453.T>は4日取引終了後に第3四半期決算を発表した。連結売上高は前年同期比3.3%減の842億8600万円、営業利益29.7%減の25億6400万円と減収大幅減益で着地、鋼板需要低迷による販売数量減と価格低下が響き大幅に収益が悪化した。今13年3月期通期の売上高は前回予想の1159億円を前期比3.5%減の1100億円、営業利益43億円を21.0%減の31億円に下方修正。ただ、配当は期末4円を据え置き、年間8円配当を継続する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)