三井ホームが13年3月期業績の下方修正を発表 受注物件の着工遅れや外注費上昇で63%経常減益へ

 三井ホーム<1868.T>が4日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の2260億円から2210億円(前期比1.9%増)に、経常利益は49億円から16億円(同63.1%減)に減額し、13.0%経常増益から一転、6割強の経常減益見通しとした。受注物件の着工・工事進捗が想定より遅れていることや外注費の上昇による売上総利益の減少、人員拡充による人件費の増加が要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)